けやきピアノ教室 〜音と共に人と共に〜

千歳烏山駅より徒歩15分、世田谷区立給田小学校すぐそばのピアノ教室です。ピアノ教室と給田小合唱部を指導しています。

Entries

発表会アイディア探し

夏休みもいよいよ残りわずかです。

まだ先ではありますが、来年春の発表会の
アンサンブル部分のアイディアをそろそろ考えなければ

もやもやと決まらないまま、資料を取り寄せてみました。

20170829223431419.jpeg

それぞれの曲に素敵なイラスト+詩がついています。「きらきら星変奏曲」はこんな感じ。
201708292231462c4.jpeg
色々揃えた本や楽譜の中、1つでも使えれば良いほうですよねー

発表会で弾きたい曲の候補を考えてもらうと、
楽しみにいくつか書いて持ってきてくれる生徒さんと、何も浮かばずに待っている生徒さんもいますね。

音楽は好きでピアノの練習も真面目にするけれど、何が弾きたいという自分の意思は特になく
先生から提示された曲の中から1曲チョイスする。

まさに子ども時代の私です。

もし、先生に「次の発表会の曲は自分で決めなさい」と言われたら・・・。
子どもの私はどんな曲を選んだのでしょう。

慎重にバランス良く考えられた宿題をこなしていくのが普段のレッスンでしたから
自分で弾きたい曲を考えるなんて思いつきもしない子ども時代でしたが

私もいつの間にか普段のレッスンで生徒さんに考える機会を与えずに曲選びをしていたかしら。。反省。

発表会という機会に生徒さんの知らない、でも良く合う曲を提示してあげることはとても大事ですが

普段なかなか自分の意思を持てない生徒さんには
思いきって候補曲も与えず任せるのも良いかもしれません。

まず曲を知らないと弾きたい曲も浮かばないですから
鑑賞の機会を設けられるといいなぁ!


クリック宜しくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

天草〜鹿児島の旅

この夏は九州で数日間のお盆休みを過ごしました。

天草です。夕暮れ時ピンク色に染まる海。
20170813220307d4b.jpeg

海の上に浮かんでいるような景色が客室から見られます。
20170813220630199.jpeg

夕食は海の幸のごちそう。
20170813220307ab4.jpeg

九州は鰻の産地です。
この頃BSで朝ドラの「こころ」の再放送を観ていたら鰻がどうにも食べたくなり
八代の「鰻新」へ。
関東と違い蒸さずに焼くので皮はパリパリ、身はふっくらほどけます。

201708132209400a7.jpeg
脂っこくなく山椒など全く必要とせず
浜松でいただいたひつまぶしより美味しかった!

お次は夫の実家に近い温泉地で「神の湯」と称される湯治場の紫尾温泉。
全室離れの小さな宿、「紫尾庵」に宿泊しました。


1室ずつ専用の門をくぐり玄関へ。専用テラス付き。
20170813221200f25.jpeg
源泉かけ流しの部屋風呂&朝ごはん。


休み楽しんだ分、贅沢した分!気力を充実させて働かなければと思っています。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

レッスン導入期 後々つまづく理由の一つ

猛暑です!が今日は私自身のピアノレッスンのため
意を決して往復してきました
午後は生徒さんのために部屋を冷や〜しておきますね

実は1ヶ月前に2階のエアコンが突然故障したのをきっかけに家中全てのエアコンを買い換えました

新しい2階のエアコンは効き過ぎる位で
28℃のおやすみモードで地下まで冷気が降りているのに

レッスン室のエアコンがあまり効かないのです
以前のエアコンがやはり28℃で冷えきっていたので同じ感覚の設定でしたが
この1ヶ月は皆さん、少し暑かったですよね。すみません(T . T)
今日は設定温度を25℃にしてみます


さて私は導入のテキストに「バーナム」を使用し、その後
生徒さんによってハノン、ツェルニーに進んでいますが

ハノンのような譜読みらしき譜読みのいらない単純な繰り返しの練習曲で
つまづいてしまう場合があります。

音程を理解出来ていない等理由は幾つかあると思いますが
「音列を確実に覚えていない」
ということも理由の一つであると思います。

「ドミファソ ラソファミ」の2度上は
「レファソラ シラソファ」である と瞬時に分からないので、
そう弾いている自覚がない
(音を言いながら弾かせると とんでもない音を言ったりします)


もっと最初の導入期に遡って考えますと

「ドレミファソラシド」「ドシラソファミレド」は言えるけれど、
上がっているのか下がっているのかはっきり分かっていない

「ド」のとなり上は言えても、となり下は分からない
「ソ」や「シ」のとなりは分からない

「ドレミファソ」はとなりの音
「ドミソ」は1個飛ばし
このあたりは本当に導入でしつこく繰り返すため覚えられますが

「ソラシドレ」「ソシレ」に応用していけない

簡単なテキストを弾いている頃はそれでも同じ曲を繰り返すうち
何となく弾けてしまいますし

先生としては、やはりピアノを弾くことを中心にレッスンしたい気持ちがありますので
進度はゆっくりでも先へ進んでしまいます。

以前にバスティンのセミナーを受講した際、講師の先生が導入の生徒さんのお母さまに毎日

親「ドレミファ」子「ソラシド」
親「レミファソ」子「ラシドレ」のように音列を唱えることを宿題にして手伝ってもらうと仰っていました。

確かに毎日繰り返して頂ければこれ以上ない練習になりますが
私はお母さまにこのようなご協力をお願いすることは基本的にありません。

ご自分のお子さんだからこそ
上手に手伝って頂くことはなかなか難しい

またそもそも宿題は手伝って頂くものではない
と思うからです。

自分で・・・となると、ドリルが中心になりますね。
ドリルの宿題もお母さまが相当手伝っておいでかもしれませんし
いくら書かせても結局楽譜の譜読みとは別物になったりしますが

後々生徒さんがなるべく譜読みに苦労せず
長くピアノを楽しめるようにと考えると
導入の生徒さんたちに、させないよりは音列のドリルを追加しなければかなと思っています。


楽しい夏休みを過ごしてくださいね
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コンクール 順位より大切なこと

昨日、児童合唱部のNHKコンクールが終わりました。

審査を受けないフリー参加とはいえ
コンクールという場に出る という意識をどのように高めていくか
どのように指導していくのか

私自身試行錯誤しながら進んできました。

今年も夏の大きな仕事が一つ終わったという充足感があります。

昨日のコンクール小学校の部では全体講評の場で作曲家の相澤直人さんが
このようなことを話してくださいました。

「今日の演奏をコンサートを聴くように楽しみましたが、
コンクールなので順位をつけなければなりません。

審査員は今日1回の演奏を聴いただけですが
それだけでは見えなかった部分にそれぞれのナンバー1があると思います。

それが一番大切なことだと思います。」

なかなか、良いことを話してくださいました。

「結果よりも過程が大事」
とは子どもたちにとって本当にその通りです。



でもやはり、指導者としては結果を出したいですね。
指導者の力量が本番の演奏に現れるな・・・。
昨日の合唱コンクールを聴き改めて思いました。

そして審査結果が全て納得出来るものかというと・・・。
そうとも限らないのがコンクールの本当に難しいところですね!!


みなさん、お疲れさまでした
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

声の実験教室

今年も!夏休みが始まりましたね。
猛暑の昨日、小学校全校での丸一日掛かりのお祭りでした。

コーラス部は「声の実験教室」と題したイベントを行いました。
20170723205919802.jpeg

でんじろう先生の実験等々でおなじみの
塩を使って声の波紋を見る実験を中心に
風船を使い声の振動を感じる実験など。
20170723225531138.jpeg

150個用意した風船は午前中のわずか1時間半で終了・・・。

細々とした準備を重ねた甲斐ありで
たくさんの親子さんに声の不思議を体験してもらいました。

これを機に歌に興味を持ってもらえると良いのですが・・・。

とにかく一つ!夏のイベントが終わりホッとしました。
あと僅かな日々コンペ&Nコンに向けて集中していきたいと思います。

応援宜しくお願いします
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

左サイドメニュー

プロフィール

keyaki piano

Author:keyaki piano
桐朋学園大学出身。
ピアノと合唱を教えています。
時々舞台に立っています。

最新記事

ご訪問者数

ブログランキング

クリック応援よろしくお願いします

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

右サイドメニュー

演奏会・発表会

♩5月24日(日)・・・赤坂ベヒシュタインファミリーコンサート〜・ ♩8月20日(木)・・・小さな小さな音楽会(調布市民文化会館) ♩9月15日(火)・・・音楽と落語の玉手箱(赤坂区民センターホール)                ♪12月13日(日)・・・クリスマスコンサート(調布市内)         ♪12月18日(金)・・・小学校訪問コンサート(調布市内) ♪2016年2月14日(日)・・・フランスの光と風を感じて(横浜)

検索フォーム