けやきピアノ教室 〜音と共に人と共に〜

千歳烏山駅より徒歩15分、世田谷区立給田小学校すぐそばのピアノ教室です。ピアノ教室と給田小合唱部を指導しています。

Entries

トップページ

こんにちは。
世田谷区 千歳烏山のけやきピアノ教室です。

音楽が大好きな生徒さんたちが
想いを込めてピアノの音色を響かせています。

〜ご一緒に音楽を楽しみませんか〜


声の実験教室

今年も!夏休みが始まりましたね。
猛暑の昨日、小学校全校での丸一日掛かりのお祭りでした。

コーラス部は「声の実験教室」と題したイベントを行いました。
20170723205919802.jpeg

でんじろう先生の実験等々でおなじみの
塩を使って声の波紋を見る実験を中心に
風船を使い声の振動を感じる実験など。
20170723225531138.jpeg

150個用意した風船は午前中のわずか1時間半で終了・・・。

細々とした準備を重ねた甲斐ありで
たくさんの親子さんに声の不思議を体験してもらいました。

これを機に歌に興味を持ってもらえると良いのですが・・・。

とにかく一つ!夏のイベントが終わりホッとしました。
あと僅かな日々コンペ&Nコンに向けて集中していきたいと思います。

応援宜しくお願いします
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

私の初めてのピアノコンクール

生徒さんたちのピアノコンクールが、いよいよ始まりました。

それぞれコンクールが終わったら、作文を書いてもらうつもりでいます。

レッスンでは見えなかった生徒さんたちの心の中が垣間見え
また生徒さん自身、振り返りが出来ればといいなと思っています。

そんなことを思いながら私のピアノコンクールを綴ってみました。


「私の初めてのピアノコンクール」

私が初めてコンクールを受けたのは、記憶では恐らく小3か小4の頃です。

母と先生が決めたので、私は訳も分からないままコンクールというのを受けることになりました。

何を弾いたのかも覚えていないのですが、その時使っていたソナチネの楽譜が今も実家に残っていて、
その中の1曲に特にたくさんの注意書きと
「○月○日コンクール」という先生の字があったので、ソナチネを弾いたのだと思い返すことができます。

曲のことも毎日の練習も、先生に注意されたことや叱られた記憶も残っていないのですが、

本番のことは今でも強烈に覚えていて

曲の中間で急に次のフレーズがわからなくなり、少し飛ばしてスケールの途中の音から弾き始めました。

その時右側からピカっと当たっていたオレンジ色のライトのこと

白鍵に出来る影がいつものピアノと違っていたこと。

とにかく緊張していたこと
終わって恥ずかしくて泣いたこと、つられて母も泣いたこと・・・。


こうして私のピアノコンクールは、少し苦い思い出になりました。

“どんなことも経験”と思えるようになったのは

もっとずっと後、大人になってからのことです。


応援宜しくお願いします
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

7月のレッスン室から

夏はコンクールの季節ですね・・・。

ピアノも児童合唱もいよいよ気持ちを作っていかなければ!

先週末にはコンクールを受ける生徒さんたちで弾きあいをしました。

コンクールの厳しさは変わらないでしょうけれど
先生が練習を毎日毎回指導(特に小学生は)して
仲間といつも一緒、

初めてのコンクールも上級生たちから雰囲気と匂いを感じ取りながら
練習している合唱部の子どもたちと違い、

練習も一人、結果も一人で受け取めなければならないピアノは
難しさもひとしおだなと思います。

弾き合いの後、コンクールを受けるにあたっての目標を
一人一人、皆の前で言ってもらいました。

普段こういったことを話させる機会があまりなく、皆しどろもどろになっていました。

「私は、こういうふうに弾きたいです」
「この曲の、こんなところを分かってもらいたいです」
「こうなりたいです!」

はっきり言える位強い気持ちが作れたら、練習も変わってくるかもしれませんね。


たなばた飾りも明日まで。
20170706225406625.jpeg
いよいよ暑くなり、玄関に花を飾ることをやめたある日
「花がないー!!」玄関先でちっさな生徒さんの声が(笑)
見てるんですね〜。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

新宿高野 桃のコースのデザート
20170706225642a7b.jpeg

発表会が終わりました。・・・生徒の気持ちで

昨日は実家のピアノ教室の2年に一度の発表会でした。

2年前もやはり発表会のことをブログにしました。
長いようであっという間な2年間です。

この2年間は出演する皆さんにとってどんな歩みだったでしょう。
様々な道のりがあり、今があり、いつも音楽がある。
いいですね(*^^*)

地元で40年間ピアノ教室を開いている母の生徒さんは
親子2代や、何十年というスタンスでずっと続けていらっしゃる方々で

裏方から舞台まで出演者たちやダンナさまや家族ぐるみで創り上げる発表会は、
私にはまだ作ることの出来ない空気感です。

合奏リハ中。楽器をたくさん運んで(マリンバも!)
20170626214911a7f.jpeg
合奏は大変ですが、これでいつも一人のピアノレッスンに
顔馴染みや仲間ができますね。。

私もこの発表会では最後に演奏をしているのですが
本番前にネガティヴ病にかかってしまい、どうにも弾ける気がせず

1週間前のレッスンで、曲目を変更するか
先生に演奏の現状を聴いて頂き相談していました。

先生からは「心配の原因の一つは暗譜が確実でない部分がある
ということだから、
不安なページだけでも広げて弾きなさい。

緊張でガッチガチになっていたら、客席だって緊張するでしょう?
暗譜に固執しないこと。

それから、出来れば3日間位キャンセルできる仕事はキャンセルして
練習時間を確保するといいよ」

と仰って頂きました。

そこで私が後から考えると有難く嬉しかったのは
1週間前だというのにひどい状態だったにもかかわらず
先生に「曲を変えてもいいんじゃない?」と言われなかったことです。

「心配しなくても大丈夫だよ!頑張ってね」
と言って送って頂いたその時は

「安心して弾ける曲を弾いたほうがいいよ」
と言ってもらえなかった・・・と少々がっくりきていました(笑)

練習ために仕事をキャンセル・・・はしませんでしたが
どうにか暗譜に確信が持て、ショパン「バラード第1番」を弾きました。

とても、気持ちがすっきりしました。
今日から早速、別の曲を練習しました。

生徒さんたちも・・・。発表会前後はこんな気持ちなのかな。


20170626214905581.jpeg
とても素敵なベーゼンドルファーです。

応援宜しくお願いします
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

左サイドメニュー

プロフィール

keyaki piano

Author:keyaki piano
桐朋学園大学出身。
ピアノと合唱を教えています。
時々舞台に立っています。

最新記事

ご訪問者数

ブログランキング

クリック応援よろしくお願いします

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

右サイドメニュー

演奏会・発表会

♩5月24日(日)・・・赤坂ベヒシュタインファミリーコンサート〜・ ♩8月20日(木)・・・小さな小さな音楽会(調布市民文化会館) ♩9月15日(火)・・・音楽と落語の玉手箱(赤坂区民センターホール)                ♪12月13日(日)・・・クリスマスコンサート(調布市内)         ♪12月18日(金)・・・小学校訪問コンサート(調布市内) ♪2016年2月14日(日)・・・フランスの光と風を感じて(横浜)

検索フォーム